債務整理【任意整理・特定調停・個人再生・自己破産】で借金問題を解決するには

借金問題を解決する債務整理の方法には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つの方法があります。各々の債務整理の方法のメリットとデメリットを詳しく解説します。また、過払い金の請求についても説明しています。任意整理、特定調停、個人再生、自己破産のうち、どの債務整理が一番適しているかをどのようにして判断すれば良いか?また、その手続きにはどのようなものが必要かも説明します。過払い金請求によって、借金問題を解決するだけでなく、お金が戻ってくる場合もあります。

自己破産の流れ

自己破産は債務整理の中でも最も効力が高いものです。借金問題解決の「最後の砦」と言っても良いかもしれません。だからこそ失敗出来ないのです。

今回は、自己破産の流れについて解説します。どのような順序で自己破産は進んでいくのでしょうか?

自己破産についてほとんど予備知識がない、という方は必見です。


■まずは弁護士・司法書士に連絡を実施

・相談をすることから始めること

自己破産が出来るのか?ということが大きなテーマになります。あなたの状況によっては自己破産が適当ではない、と判断されることもあるのです。
客観的な目で自己破産が適当なのか、といったものを判断してもらうためにも、先ずは弁護士や司法書士に相談してください。

相談時にはどのくらいの借金をしているのか?毎月の返済額はどのくらいなのか?月々の返済能力はどれくらいあるのか?といった事を伝えなければなりません。

・相談時の注意点

自己破産のデメリットをしっかりと把握しましょう。財産などに対する大きなデメリットがあるので、必ず把握しておくべきです。


■自己破産の依頼と書類の準備

・弁護士に手続きを依頼する

自己破産をすることが決定したら、弁護士に対して自己破産の手続きをお願いすることになります。依頼すると受任通知、といったものを送ってもらうことになります。
貸金業者からの取り立てがストップするので、ほっと一息つけますよ。

・書類の準備を行うこと

自己破産をする時には各種書類が必要になります。
必要な書類に関しては、弁護士事務所側からしっかりと指摘をされるはずなので、指摘されたものを用意すれば良いだけです。特に難しい物はありません。


■裁判所に対して申し立てを実施する

・裁判所に自己破産を申請する

書類を弁護士などに作成してもらいます。自己破産お申込書というものですが、それを管轄の地方裁判所に提出することになるのです。

自己破産の申立が済んだら、あとは基本的に弁護士にお任せしておけば問題ありません。


■最後に免責が決定!

・借金がゼロになる

免責が決定すると自己破産が出来た、という状態になります。借金がゼロになるので、返済義務はなくなります。借金を返済をしないで良い状態になる訳です。

ただ、財産などが一部処分されてしまうようなこともあるので、自己破産前の生活と全く一緒、というわけにはいきません。

広告を非表示にする