債務整理【任意整理・特定調停・個人再生・自己破産】で借金問題を解決するには

借金問題を解決する債務整理の方法には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つの方法があります。各々の債務整理の方法のメリットとデメリットを詳しく解説します。また、過払い金の請求についても説明しています。任意整理、特定調停、個人再生、自己破産のうち、どの債務整理が一番適しているかをどのようにして判断すれば良いか?また、その手続きにはどのようなものが必要かも説明します。過払い金請求によって、借金問題を解決するだけでなく、お金が戻ってくる場合もあります。

任意整理の特徴とは

債務整理にはいくつかの種類があります。そこで注目をしてほしいのが「任意整理」です。任意整理は一定の返済能力がある方が採用できる債務整理方法です。最も気軽な債務整理、ともいわれているのですが、その特徴を詳しく理解していない方が多いのも事実。

こちらでは、任意整理の特徴について徹底解説します。実際にどのようなものなのでしょうか?


■任意整理の効果の特徴

・将来利息のカット
・借金の返済額の減額

任意整理に関しては、基本的に利息の支払額をゼロにする、ということが行われているケースが多いです。消費者金融などは、利息が20.0%ほどで高く設定されています。毎月の返済額にも大きな影響を与えてしまっています。

利息の支払いを免除してもらえればなんとか返済ができる、といった状態の方は任意整理の利用が適しています。

もちろん、借金元金の減額も出来る、とされています。ただし、大幅な減額は出来ないので、もしも大幅に減らしてもらいたいのであれば、個人再生を選択してください。


■任意整理における手続きの特徴とは

・裁判所は関わってこない

債務整理というと、裁判所が関わってくる、といった印象を持っている方もいるかもしれません。しかし、任意整理は裁判所に行く必要はありません。基本的に貸金業者との直接交渉を行うことになるので、手続きとしてはそれほど難しいものではないのです。

弁護士や司法書士にお願いをすれば、あとは専門家と貸金業者が話し合いを勧めてくれ、折り合いをつけてくれるものなのです。

裁判所での手続きというと、個人再生や自己破産は必要になります。手続き上の簡単さ、というのは任意整理の大きなメリット、と言っても過言ではありません。


■任意整理後の返済はどうなるのか?

・将来支払利息のカット
・3年間から5年間の分割による支払いあり

利息の支払が免除されるので、それだけでも大きなメリットがある、と感じる方が多いでしょう。

返済期間ですが、基本的に3年間から5年間に限定されることが多いです。一括払いが求められるようなことはないので、ある程度の生活をしたうえで返済を行うことが出来る状態になります。

返済期間については多少は交渉できるので、厳しい場合には少し期間を伸ばしてもらう、という事を行ってもらいましょう。

広告を非表示にする